東京喰種 トーキョーグール

通勤時間を利用してamazon primeにて映画を見ているもとてんです。

このブログでは私の見た映画を自分なりに書き留めています。

これから見ようとしている方や興味ある方はDVD選びの参考などに是非見てみてくださいね。

また見たことある方は余韻に浸りましょう。

今回観たのは【東京喰種 トーキョーグール】です。

created by Rinker
¥300 (2021/04/16 22:33:30時点 Amazon調べ-詳細)

グールという非現実な怪物が存在するSFアクション系の作品です。

本当にいたら怖いですね。

数字に騙されるな!映画サイトレビューの低評価を決める5つの理由とは?

それでは簡単な情報です。

【東京喰種 トーキョーグール】

 

2017年7月公開

 

監督:萩原健太郎

脚本:楠野一郎
主演:窪田正孝、清水富美加、鈴木伸之、桜田ひより

この映画を見る

 

テレビの大画面でスマホ映画を楽しもう 通勤時間中にスマホで映画を楽しもう

簡単な内容は主人公は普通の人間だったのですが、

好きになった女性がグールでした。グールとは人を食べる怪人。

グールに襲われた主人公はグールになってしまいます。

そして、警察はグールを成敗しようとし、主人公は国家と戦うことになるという作品です。

ここからはネタバレに注意してくださいね。

グールとはいったい

グールという生き物はヒトを主食とする怪物のようなものです。

妖怪といってもいいのでしょうか。

そして、見た目はほとんどヒトと変わりません。

食べるものだけが違うということですね。

グールは普通のヒトが食べている物を美味しく感じることはなく、

むしろ体に悪くヒトを食べないと生きていけません。

それなのに、なぜ生きているかというと隠れてヒトを食べているということでしょう。

物語では樹海での自殺者などを隠れて食べていたりします。

消息不明のようなヒトって稀にいますよね。

そういうのはグールが食べているかもしれないですね。
DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

グールは生まれてからなるもの?!

金木研(窪田正孝)は冒頭ではグールではありませんでした。

しかし、突然グールになってしまいます。

好きになった女性が実はグールでした。

夜道で体の一部を噛まれたことで、金木はグールになってしまいます。

つまり、グールは生まれたときからだけでなくて、途中から成りうることもあります。

ちなみに金木の場合はグールの臓器を移植して生き延びました。

体の一部にグールのものを入れるとグールになるということですね。

臓器移植や輸血などでヒトがグールになります。

グールは悪なのか

さて、この作品でのポイントとなるのがグールが悪なのかどうかです。

グール目線でグールが主役の作品です。

ヒトに終われて殺されていくグールたち。

しかし、彼らもまた一生懸命生きようとしています。

終盤ではグールの少女が国家に親を殺されます。

グールは生きたいと思い、ヒトの世界で共存しようとします。

真面目なグールは自殺したてのヒトなどを食べたりするが、

冒頭の女性のような悪いグールも存在していて、

悪いグールは生きているヒトに手を出してしまいます。

そうした悪いグールがいることで事件化されて国家によってグール自体が消されるということになるのですね。

ラストシーンについて

ラストシーンはグールと国家の対決となります。

金木は霧島トーカ(清水富美加)と特訓をして強くなります。

そして母親を国家に殺された笛口雛美(桜田ひより)を守るために戦います。

最後は雛美が国家の対策班である真戸(大泉洋)をトーカがやられそうなところを雛美がとどめを刺して勝ちます。

また、金木も相棒である亜門(鈴木伸之)を倒します。

そして、亜門は最後はグールになってしまったように感じられましたね。


印象的なシーン

印象的なシーンは冒頭の女性がグールだったというところでしょう。

恋がうまくいかのかと思い、見ていると抱き合ったところで突然食べられてしまう。

この描写はめちゃくちゃ恐怖を感じますね。

もちろん、こういった怪物は実在しないわけですが、

それでもリアリティさを少し感じてしまう怖さがあります。

好きになった女性が実は〇〇だったなんてことは怪物でないにしろあり得る話ではありますからね。

とりあえず、金木は死なずに、女性は鉄鋼が落ちて死ぬというところでなんとかなってよかったというところ。

ただ、臓器移植した医師は実はグールだったりするのでしょうか・・・?!

医師であれば、ヒトを主食としやすいようにも思えますからね。

この映画から伝わる事

この映画から伝わる事は【生物の共存】でしょう。

この作品ではグールという種族の多くはヒトと共存しようと考えています。

そしてグールに半分なってしまった主人公の金木はヒトの気持ちもわかるため、

最後も殺しはしませんでしたね。

なんとかヒトとしても普通に生活したいと考え生き抜こうとします。

しかし、国家はグールを悪者と断定し、グールを容赦なく殺します。

さて、どちらが悪なのでしょうか?

グールというものをヒトではないほかの動物に置き換えてみたらどうでしょうか。

あるいは虫だったりでも良いでしょう。

つまりはヒトは自分たちが生きるために危険なものは成敗していきます。

動物を食べたりすることもありますし、危ないのであれば殺しますよね。

もちろん、害を及ぼさない動物であればペットとして自分たちに都合よいように共存します。

これってけっこう勝手ではありますよね。

しかし、グールという種族は脳がヒトと同等なのでそう簡単にはいかないというところでしょう。

グールは少数派なのでなかなか太刀打ちできないかもしれませんが、

ヒトより巨大な力を持つことも可能かもしれません。

でも戦うことが果たして正しいことなのでしょうか。

グールの多くはヒトと同じような感情を持ってたりします。

でもヒトを食べないと死んでしまいます。

死んだヒトであれば食べても良いのか。

今、自分たちがしていることを改めて考えさせる作品でしょう。

映画【東京喰種 トーキョーグール】を視聴する

萩原健太郎監督の関連作品

俳優:窪田正孝の関連作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です